★Facebookページ★
【世界一周】ボクの地球の歩き方【ブログ】
上をクリックして「いいね!」すると最新記事をお知らせします!

★Twitter★
https://twitter.com/hiroaki1002
ツイッターでも記事の更新情報を公開しています!

★2017年4月25日に帰国しました!★

2017年2月9日木曜日

ブラジル 21【レンソイスの行き方、帰り方。ベストシーズンは◯月だ!】


ーーーーーーーーーー
【現在地:ボリビア/ウユニ】
この旅で最も訪れたかった場所、ウユニ塩湖。
昨日、一昨日で2回見てきましたが本物の絶景、、、
あと1回、今日も行ってきます!

今日もポチッと。応援ありがとうございます! 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ーーーーーーーーーー

2016年8月4〜7日




今日は、前回紹介した、バヘリーニャスという町にある絶景、レンソイスまでの行き方や帰り方などをまとめたいと思います。


▼ブラジル 19【待ちに待ったレンソイス!そこに広がっていた絶景はまさかの、、、】
http://gait-of-my-earth.blogspot.com/2017/02/19.html

▼ブラジル 20【セスナに乗って上空から見下ろすレンソイスは絶景なのか】

http://gait-of-my-earth.blogspot.com/2017/02/20.html



ベストシーズンはいつなのかということについても言及しているので、これからレンソイスに行く方は僕みたいに失敗することがないことを願います!



レンソイスを目指すに当たって
①サン・ルイス発着のレンソイスツアーに参加するか、
②サン・ルイスからレンソイスのある町「バヘリーニャス」までバスで行ってツアーを探すかでまず迷います。



大きな空港もサン・ルイスにあるし、楽なのは①のサン・ルイス発着かもしれません。
ホステルなどでもツアーを扱っているので申し込む難易度は低そうです。
でもこれだとバヘリーニャスで申し込むより割高になりそう。



ということで僕は②を選びました。
②はバヘリーニャスにあるツアー会社で、ツアー内容や時間、料金など比較できるだろうし、時間の余裕ができるので時間のある旅人にはオススメかもしれませんね。




ということでバヘリーニャスまでは自力でいきます。
まずはホステルが集まる旧市街から市バスに乗って長距離バスターミナルへ。



市バスのバスターミナルは入場するときに2.9レアル(91円)を支払う仕組み。 
なのでバスに乗るときはお金を払わなくていいのが楽ですね。 



長距離バスターミナルに着いてからは、唯一バヘリーニャスまでのバスを扱っているCISNE BRANCOという会社でチケットを購入。


サン・ルイス→バヘリーニャス 53レアル(1670円) 
リサーチしていた値段よりも10レアルくらい高くなっていました。 
一応シーズン中ですが、1時間前でも買うことができました。
14時発を予約。
他にも6時、9時、14時、19時30分があるようです。



バスを待っている間、ターミナルの外の屋台でご飯を食べました。9レアル(284円)



これがうまいのなんのって。
さすがブラジルのシュハスコ。
炭火で焼かれたお肉が最高です。



お腹いっぱいになって気持ち悪くなりながらバスに乗り込みます。



14時すぎに出発して19時ごろバヘリーニャスに到着しました。
あたりは暗くなっていて、バスを降りた途端に宿の客引きが寄ってきます。
一応Booking.comで3つくらい宿の目星をつけていたけど、wifiと朝食、エアコン付きで50レアルが40レアル(1260円)になるってことで客引きに着いて行くことにしました。




が、しかし、そのままツアー会社に連れて行かれ、なんか嫌な流れだなと思いました。
だって、到着して5分で宿を決め、ツアー会社に来てるんですよ。
一方的な情報だけ与えられて、他に選択肢があるのかないのかもわからないまま判断しないといけないっていうのが一番不利。



いつもなら、宿は押さえて行動するし、ツアーなんて滅多に参加しないからちょっと動揺しました。
なんにせよ、英語を話せる人がいたので、ざっとツアー内容や料金の話だけ聞いて、後で考えると言って宿へ向かいました。



宿に着いてみると、まさかのダブルルームでびっくり。
いつものくせでドミトリーだと勝手に思っていたのでテンションが上がります。
久々にゆっくりできます。


でもゴキブリとアリとの戦いがその日から始まりました、、、笑
ブラジルの安宿はどこもwifiがそんなに早くないけど、ここは特別に遅い!
ブログの更新はできても、FBとかTWが開けんってどういうこと。
でも宿の人が良い人でいろいろ身の回りのことを気にかけてくれるからそこはありがたかったです。



実は僕はオリンピックを見るためにすでにサン・ルイスからリオに向かう飛行機の予約をしていて、できれば明日、レンソイスに行きたかったので、地球の歩き方と、事前に読み込んでいたネットの情報と照らし合わせ、結局先ほどのツアー会社にツアーをお願いすることにしました。


いろんなタイプのツアーがあって、
青い湖が見られるツアーだけじゃなくて、バギーに乗ってわちゃわちゃしたり、川下りしたり、セスナになって上空からレンソイスとバヘリーニャスの町を見下ろしたりなど、バラエティ豊富です。



今回は一番ベーシックなLagoa Azulという池と砂丘を歩いて見て回るツアーに申し込みました。
70レアルだったけど、現金支払いだと割り引かれて60レアルに(1890円)
午前発と午後発が選べて、夕陽も見たかったので午後発を選びました。




翌朝、宿までピックアップしにきてくれて、ツアーに参加。
そして前回のブログ(こちらからどうぞ)のような感じで、レンソイスにがっかりして帰ってきました(笑)



何がいけなかったのか。
ネットに上がっている写真は加工されていて、実はレンソイスは青くないんじゃないか。
そんな疑問が頭に浮かびます。
ブラジルの旅でもっとも楽しみにしていただけにかなり落ち込みました(笑)



さらに翌日、朝起きて、ゆっくりしてから他のツアー会社に行ってみました。
値段にどれくらい差があるのかも気になったし、セスナにも乗ってみたかったので、もしかしたら何か情報を得られるかもしれない。



川沿いに並んでいる旅行代理店を1軒1軒あたります。
その中の1つに日本人にオススメなツアー会社を見つけました。
Danceliz Adventureというバヘリーニャスの中でも最も老舗のと会社で、吉岡トニさんという日系人の方が働いています。


※2017年5月30日現在
吉岡さんはDanceliz adventureの向かって二軒右隣にあるSão Paulo ecoturismoにいらっしゃるそうです!






吉岡さんめっちゃ良い人です。
ちゃんと話を聞いてくれるし、こっちの意見も汲み取ってくれて、どうすれば良いかって親身になってくれます。
やっぱ、日本語でツアーの内容を教えてくれたり、質問できたりすると理解が深まるし、安心できますね。



僕が調べた時は日本語しゃべれる日系ブラジル人の人がいるなんて情報なかったけど、最近の日本人はよくこのツアー会社を利用するみたい。
吉岡さんは2016年か2015年、どっちか忘れたけど、TBSがレンソイスを回るときに同行して、案内したらしいです。
その時のテレビ効果もあって、その後日本人か多く訪れるようになったみたい。
きっと訪れた人にベストなプランを紹介してくれると思いますよ!



そして、これからバヘリーニャス、レンソイスに来る方に一番知っておいてもらいたい情報を共有しておきます。
吉岡さんいわく、雨季に湖ができ、一番水量が多いのは5、6月。
湖が青くて最も綺麗なのもその時期。



確かにこのブログの方も行っているのは6月でまだ水がかなり青い。
▼白と青 ~後編~ (レンソイス・マラニャンセス国立公園)
http://adaisuke.blog100.fc2.com/blog-entry-108.html



それ以降になるとだんだん干上がっていくし、湖の色が濃くなっていくので、正直僕はくる時期がまずかったです。
ネットの情報だとベストシーズンは5月から9月って書いてあって、僕が訪れた8月頭も一応シーズンに入るけど、ベストのベストは6月だと思われます。
5月だとまだギリギリ雨季がかぶってて雨の日が多いかもしれないから。
こういう情報が一番欲しかったよ、、、



ちなみに、年々ガソリン代が上がっているので、ツアーの料金も上がっているそう。
でも他の会社と値段は同じで、
Lagoa Bonita、Lagoa Azulともにクレカなら70レアル、現金なら60レアル、
セスナ遊覧はクレカで300ペソ、現金で280ペソ(8820円)。



複数のツアー会社を回って値段も一緒だけど、その違いは何か?と尋ねると、事故が起きた時の保険に入っているのかとか、サービスにちょっとした違いがあるらしいです。
あと、バヘリーニャスの治安は全然大丈夫だそうなので、みなさん安心してくださいね!



ちなみに、現金での支払いがお得だから銀行に行ってお金をおろそうと思ったらかなり混んでました。
ATM内部のお金が切れることがよくあるそうで、例によって僕もその状況に出くわし、結局ここではお金が引きおろせず、別の銀行に行きました(笑)


お金を引き出すためだけに2時間もかかるなんて想像もしてなかったよ、、
できれば事前に準備してバヘリーニャスに来ることをお勧めします!




そして現地食で個人的にオススメなのがこのおばちゃんが経営する小さな食堂。
たった7レアル(220円)でたらふくご飯がたべれます。



おばちゃん愛想がよくてフレンドリーで半端なくいい人。
また会いたいなぁ!



さて、3泊4日滞在したバヘリーニャスともお別れの時がやってきました。
吉岡さんにサン・ルイス行きのバス会社の窓口まで連れて行ってもらい、ぼられることなくチケットを購入。51レアル(1607円)
帰りも行きと同じバス会社でした。




と言うことで、ざっとまとめたレンソイス情報。
いや、全然まとまってないけど、次のシーズンからレンソイスに行こうと考えている方の役に立てれば幸いです。
レンソイスに行っても僕みたいにがっかりする人が出ませんように、、、笑




今日も読んだよのクリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!
上のリンクをクリックすると他の方の世界一周ブログも読めますよ〜
ランキングに反映されるため、気が向いたら1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします^^b
※レートは全て当時の金額(1レアル=31.5円)です。

2 件のコメント:

  1. 記事を見てバヘリーニャスを観光しました!
    レンソイスやオススメの屋台にも大満足でした��
    素晴らしい情報をありがとうございました��

    追伸
    トニさんにこのブログを見せたらとても喜んでいました。
    今はトニさんはDanceliz adventureの向かって二軒右隣にあるSão Paulo ecoturismoにいるそうなので、もし可能ならば、ブログの情報に書きこんで欲しいとのことでした。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん
      コメントありがとうございますb

      いや〜そう言っていただけるとものすごく嬉しいし、この記事を買いた甲斐がありました。
      こちらこそ、ありがとうございます!

      了解しました。
      早速このブログに書き足しておきました!b

      削除

すべてのコメントにお返事させていただきます!
モチベーションも上がるので、皆さんのコメントをお待ちしています!